読み込み中…
Japanese

OZUPLC:電力線通信を用いた小規模BEMS

 いままで考えていた停電というのは、せいぜい数分、長くても1時間程度でした。
しかし、徐々に気象や地殻の変動が大きくなりつつある現代では、大災害が起きて、停電が長いときは1週間以上続くこともありえます。
  東北で2011年3月11日に起こった地震では、すべての発電所が停止をし、東北の多くの地域で照明の無い生活を送った人たちがいます。
OZUPLCを用いた照明の群管理システムそれに、空調機器の自動エネルギー制御を導入することで、電源喪失時にバッテリーや自家発電機の放電時間を6倍以上にすることができます。
 停電になったら、OZUPLCの親機(STB)は自動的に全部の照明の明るさを1/6以下にします。電力消費量も1/6以下になります。 また、普段でも、デマンド電力の状態によって自動でサイクリック制御を行い、最適な省エネを実現できます。
Blue Mouse
     OZUPLCのシステム構成は以下のようになります。
○PLC-PWMを照明装置に取り付け、PLC-RELAYを空調室外機に取り付ける。
○適切な場所に、PLC信号ブリッジを取り付け。
○電力計測、温度計測を行うときは、PLC-RS485を用いてデータを取得する。
○親機(STB)を設置する。
○クラウドに接続。
Blue Mouse

OZUPLCは、照明の制御に最も適している低速電力線通信システム

    私たちは、30年余りに渡って、研究され続けてきた電力線通信技術を、LED照明の制御という省エネのために現実的なものにしました。パソコンなどから、1000個以上の照明器具を制御できます。その方式をOZUPLCと名付けました。
    一般に、PLC(電力線通信)の親機が置かれる場所は、パソコン用電源などのノイズを大量に出すものが多く接続されるコンセント近くであることが多く、そのため、PLCでは、親機が信号を受信できないことがしばしば起こります。このような環境下であっても、例えば、親機が子機を通して照明器具の点灯、消灯、調光等をする場合には、親機が子機を通してLED蛍光灯をきちんと制御するために、親機は子機からの信号の返送により子機がデータを受け取っていることを確認する代わりに、子機が親機からのデータを受け取ったことを作業者の目視によってLED蛍光灯の点灯や点滅を確認することで行うのが、OZUPLCの特徴です。
    個々の照明機器は、ネットワークIDと機器個別のアドレスIDを持ちます。例えば、1つの建物で、1個の親機から100個の照明器具を制御するときは、101個の電力線通信ユニットは、すべて同じネットワークID番号を持ちます。100個のノード(照明器具)は、別々なノードID番号を持ちます。あるノードIDに対し、データ信号転送許可のフラグを送ると、その器具は、電力線上を送られてきたデータを受信後、その送られてきたデータと同じデータを再送信します。それと同時に、データ転送設定時には表示機を点滅または点灯させる動作を行い、それを操作した人間が視覚的に判断して、データが親機からそれぞれの 照明器具へ確実に送られたことを確認します。
    このようなOZUPLCの方法を、部分選択ホッピングと読んでいます。電力線の中に配置されたLED照明器具の中に実装された電力線通信モジュールは、人間の視覚判断によって、的確に、データを再送するように設定されます。そのことによって、最小のデータトラフィックですべてのLED照明を制御できるようになります。
    OZUPLCを使う上において、PLCによる通信の信頼性を100%にするために、通信補助機器を取り揃えています。 信号が繋がらない配電線間をPLC信号だけ通過できるようにするための信号ブリッジ,PLCデータの再送信のみを行うデータホッパー、PLC信号がどこまで届くかを確認するPLC信号センサーを取り揃えました。
    OZUPLCは、LED照明の制御用だけではなく、空調機器、換気ファン、FA機器、モータをサイクリック制御することでBEMSを実現します。